×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


島崎藤村『初恋』オリジナル曲 Hatsukoi First love
島崎藤村『初恋』オリジナル曲 Hatsukoi First love
比屋定篤子★うつらうつら
比屋定篤子★うつらうつら
チョコボスタリオン 選考
チョコボスタリオン 選考
デジモンワールド2 ボス戦 ブラッドナイツエリート1
デジモンワールド2 ボス戦 ブラッドナイツエリート1
「林檎酒哀歌」予告編
「林檎酒哀歌」予告編"The Elegy of Apple-Sake"- Trailer
マイティボンジャック ヒゲドライバー
マイティボンジャック ヒゲドライバー
wyolica - さあいこう
wyolica - さあいこう
【アロマオイルマッサージ】インプルーヴ インテグラシークリニック(東京都中央区)銀座
【アロマオイルマッサージ】インプルーヴ インテグラシークリニック(東京都中央区)銀座
If We Are LUCKY ≡ #011 (2008.07.21:夜)
If We Are LUCKY ≡ #011 (2008.07.21:夜)
愛のロリータ (ななこSOS)
愛のロリータ (ななこSOS)
TM Revolution - High Pressure PV
TM Revolution - High Pressure PV
The Coral - Put The Sun Back
The Coral - Put The Sun Back
マナス 2008.6 その2
マナス 2008.6 その2
ドノヴァン/ライヴ・イン・la(DVD販促用ダイジェスト版)
ドノヴァン/ライヴ・イン・la(DVD販促用ダイジェスト版)
MGS3 パトリオットを作ってみた
MGS3 パトリオットを作ってみた
約101回目のプロポーズ 第4楽章
約101回目のプロポーズ 第4楽章
夜明け前より瑠璃色な Movies 前編
夜明け前より瑠璃色な Movies 前編
Can't Help Falling in Love 好きにならずにいられない-piano
Can't Help Falling in Love 好きにならずにいられない-piano




ピアソラ/ブエノスアイレスのマリア
ピアソラといえば小品を連想しますが、これは、ピアソラの大作です。
これまでのクールなクレーメルのピアソラからは想像できないほどの
異様な熱気が伝わってきます。
美しく、エレガントで、都会的な前作までとは明かに違います。
この作品において始めて、クレーメルは彼のピアソラに「穢れ」
を持ちこんだのではないでしょうか?

クレーメルのピアソラを時系列で聞き比べると、どれも素晴らしいですが、
ピアソラに対する解釈が深化しており、この作品で一つの頂点に達した
ことが良くわかります。
クレーメルとピアソラの蜜月の絶頂期だったのでしょう。
彼自身ピアソラについては、これ以上の仕事はもうできないのでは?
という危惧さえいだかせます。


 

マイティボンジャック
操作性に難ありですが、結構はまった記憶があります。
宝箱の上で、ジャンプすると宝箱が開き、
パワーアップすると、服の色が赤から青になったりしました。
私自身、全クリアーは未達成だったと思います。

 

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
本書は、2009年に早逝した著者による、

近未来を舞台にしたSF小説です。


舞台はインド・パキスタン国境で核爆発が起き、テロや紛争が頻発する近未来


東欧、アフリカ、そしてかつてインド・パキスタンがあった土地

アメリカ諜報機関の一員として世界各地を転戦しながら、

テロや暴動を影で扇動する首謀者を追う主人公でしたが、

極限を超えた任務での精神的緊張と

彼自身の内的葛藤が相俟って、やがて世界を大きく変えることになります。


虐殺を意図的に発生させることができる「虐殺の文法」

月光の流れる中、自問するかつての独裁者―など

各話、各場面ともに、著者の鋭い問題意識と美意識に溢れており、

とても印象的なのですが


脳に特殊な施術を受け、痛みを感じることなく肉片になるまで戦う兵士の姿には

おぞましさとともに、形容しがたい美しさを感じました


早熟の鬼才が幻視した破滅への預言


SFや政治小説ファンに限らずオススメしたい著作です。

 

エクセレントモデルCORE クイーンズブレイドP-4 2.炎の使い手ニクス
キャストオフしやすいです。 が、本当に何もはいてないんです というかそこには何もないんです。 キャストオフして飾る自分としては、Tバックの下着かなんかの方がよかったとおもいます。なので、キャストオフせずに飾ってます。

 

スターの恋人 DVD-BOXI
人気のチェ・ジウ主演、日本ロケ、そして、ヨン様似のチェ・フィリップ登場に、日本向けを意識した(電通が共同制作だから、当然とも...)作品という印象ですが、関西を舞台に展開する1話〜4話はいろんな意味で楽しめます。
華やかで型破りな大スターと、朴訥とした作家志望の大学講師の恋。珍しい設定というわけではありませんが、ロマンティックな二人の出会いや恋の行方は大いに気になるところです。
物語の流れは「ノッティングヒルの恋人」に、韓国ドラマお得意の子供の頃の「運命的出会いと思い出」「心に残る傷跡」などを引き摺りながら、中盤以降は内に外に様々な問題に直面していく事と成ります。大きな事件が起きるわけではなく「別れる」「別れない」の繰り返しの後半は長〜い!し、正直言って失速ぎみ。ユ・ジテの演技力を持ってしても、チェ・ジウの涙の魅力があっても、演じる側も観る側も、辛く我慢が必要な終盤になってしまったのは、残念です。
前半の余韻(★4つ)を楽しみながら、最後に待ち受けている静かな感動を期待しましょう。

 

ななこSOS DVD-BOX
~天然ボケ美少女は可愛いということを徹底的に追及したお話。

 のんびりでマイペースな、ななこちゃんは超能力少女。空も飛べるし、力も強い。さらに巨大化だってしてしまう。それでも可愛さを失わないななこの魅力。原作のマンガの持つシュールな側面を少し和らいで万に向けに・・・なっていないところが、また魅力だったりするから面白い。ベストセレク~~ションとか中途半端ではなく、全てが見れるのがなんといっても嬉しいですね。~


 

X42S-REVOLUTION(初回生産限定盤A)
良いデキです。

が、プラモの説明書が思いっきり通常のデスティニーの説明書なんです。

これはちょっと…

どうせならこれもハイネにしてほしかったです。


 

破戒 (新潮文庫)
部落出身の教員丑松を巡り、その出自を隠蔽する忍耐の生活、盟友の死をキッカケに出自を告白する勇断、そしてその結果による社会からの追放を描いて、差別が存在する社会への糾弾を行なった勇気ある告発書。

本書で扱われる差別問題は現在でも存在する。しかし、明治時代には恐らく今よりもタブー視されていた(あるいは意図的に無視されていた)問題を正面から扱った藤村の真摯な姿勢には感嘆する。丑松が告白を止められたように、藤村も本作の発表を周りから止められたのではないか。結末で、丑松が海外へ旅立つという設定は、当時としては他に選択肢のない止むを得ないものだったのでないか。安易に話を収束させるより現実味があると共に、差別のない国への旅立ちと言う夢を丑松と読者に与えていると思う。

現在でも出自による差別の他、国籍による差別など色々な謂れの無い差別問題が存在する。そうした問題に目を背けずに対処して行くためにも、藤村が遺した本書のような貴重な告発が重要な意味を持っていると思う。

 

破戒 [DVD]
日本が世界に誇る撮影監督宮川一夫さんのカメラがとにかく息を呑むような美しさ。ちょっと信じられないくらいに冴え渡っています。 雷蔵は勿論、長門裕之、三国連太郎、船越英二、岸田今日子、宮口精二、あげくは中村鴈治郎に杉村春子などなど、もはやこれ以上は望めないというくらいの大物俳優たちによる怒涛の競演です。 しかもこれほどアクの強い俳優さん達が、決してお互いのよさを打ち消すことなくさりげなく自己主張しているところに監督の確かな力量が伺えます。これがデビューの藤村志保さんも、決して美人とはいえないものの、かえってその普通の人っぽさが作品に奥行きを与えるのに大きく貢献していると思います。ただ、この人の声だけは、やっぱりデビュー当時から印象的だったんですね。

しかし市川監督は、(周知のことですが)どんな感動的な題材を扱っても、決してむやみに観客に涙を流させる、というような演出をどうもなぜか意図的に避けるタイプの人のようです。例外は"ビルマの竪琴"くらい。そのため、どうも痒いところにいまいち手が届かない、と感じる観客も多いのでは? この作品も、監督の世界にある程度通じている人でないと満足はし難いかもしれません。 でもジャケットも超シブイし、豪華ブックレットつきで、この値段の値打ちは間違いなくあります。
一説によると、松本幸四郎主演でこの作品の前に製作されたテレビ版"破戒"のほうがもっとすごかったらしいです。ぜひ見てみたい。


 

ギネ 産婦人科の女たち DVD-BOX
産婦人科が、医師の不足や劣悪な労働条件で非常に過酷な状況にあるということはよく伝わってきました。また、出産におけるさまざまなリスクや、母体死亡とそれに対しての訴訟など、扱っていたテーマはよかったですし、手術シーンなどもかなりリアリティを追求した映像になっていたと思います。ただドラマとしては、紀香さんと上地さんのキャラクターづけや関係性など、放送前に宣伝等で言われていた設定に沿っていたのは最初だけで、その後はどんどん軸がぶれて行き、余計なエピソードばかりが付け足されていって、支離滅裂なまま終わったという印象でした。恋愛のくだりがいろいろ出てきましたが、どう考えても不要だったように思います。もう少しテーマを絞ってもよかったのではないでしょうか。

DVDですが、とてもコンパクトで無駄のないパッケージで、収納面では非常に優れています。特典映像については、キャストのインタビューが最終回前に放送された番宣番組の使い回しだったり(しかもインタビュー自体も短かったです)、他にもテレビで放送された番宣やPRスポットがそのまま入っているだけだったりと、ちょっと物足りない感じはしました。意外によかったのがNG集で、キャストの皆さんが医療専門用語に翻弄される様は爆笑ものでした(個人的には上地さんの「アナフィラキシーショック」が特に)。またクランクアップの映像も、チームワークと皆さんの作品にかけていた熱意が伝わってきて見応えがあり、ちょっと感動しました。