×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ワーナー・オンデマンド配信中 『ポセイドン』(予告編)
ワーナー・オンデマンド配信中 『ポセイドン』(予告編)
◎江原啓之師☆スピリチュアル現象解明sp(1/7)
◎江原啓之師☆スピリチュアル現象解明sp(1/7)
吹石一恵さん、スポベジCM発表会でハイキック連発
吹石一恵さん、スポベジCM発表会でハイキック連発
[CC] mechaike 2010.01.30 Not-Quite Candid Camera
[CC] mechaike 2010.01.30 Not-Quite Candid Camera
Dream Theater - Time [ Pink Floyd Cover ]
Dream Theater - Time [ Pink Floyd Cover ]
simon&garfunkel 「I Am A Rock」 Cover
simon&garfunkel 「I Am A Rock」 Cover
キングダムハーツ2FM 鎧の男
キングダムハーツ2FM 鎧の男
カトマンズ
カトマンズ
機動戦士ガンダムSEED op集
機動戦士ガンダムSEED op集
竹中直人 - レスラー (Naoto Takenaka - Wrestler)
竹中直人 - レスラー (Naoto Takenaka - Wrestler)
Jack Rose Live in Philadelphia
Jack Rose Live in Philadelphia
プロ野球スピリッツ2をプレイ!!
プロ野球スピリッツ2をプレイ!!
かぐらモーグルコース
かぐらモーグルコース
ALIEN THE ULTIMATE WORKPRINT clip4(cocoon)
ALIEN THE ULTIMATE WORKPRINT clip4(cocoon)
New bizarre animal discovered in Japan
New bizarre animal discovered in Japan
わが愛しのキャンディーズ (11) やさしい悪魔
わが愛しのキャンディーズ (11) やさしい悪魔
AID 1NCOMING - 88水災藝術家聯名T恤義賣活動- 來自インベカヲリ★的應援信息
AID 1NCOMING - 88水災藝術家聯名T恤義賣活動- 來自インベカヲリ★的應援信息
he is my exboyfriend [CM] 元カレ 2003 堂本剛 広末涼子 (30s)
he is my exboyfriend [CM] 元カレ 2003 堂本剛 広末涼子 (30s)




元カレ DVD-BOX
男性とって都合のよいストーリー展開のため、女性受けはあまりしないかもしれないが、
なんとなくリアルで、面白かった。
ただ、思い出の曲が「TSUNAMI」でなかったことが残念。
リアルタイムに見ていたときは、最終回に流れた「TSUNAMI」に涙したものだったけど、
DVDでは、感動が半分になったような気がする。

 

口笛とウクレレ
石田ゆり子さんのほんわかしたエッセイを読んだらこのCDのことが書いてありました。まずジャケットが良いですよね。癒されます。収録曲の数が少ないのが物足りないです。車に乗りながら聞くのですが、CDに合わせて口笛を吹くと吹けないので笑ってしまいます。息子も私に似てしまい同じように吹けないけど二人で吹けてるつもりでCDに合わせて空気を吹いています。ほんわかしています。

 

Cocoon
 曲のレベルが高いのは勿論のことだが、何よりも彼女独特の透明感のある声と、思わずハッとさせられる歌詞がこのアルバムの完成度をグンと引き上げている。
 曲ばかりが主張していて歌詞は曲の上に申し訳程度に乗っているだけというものが多い中このアルバムの楽曲たちの場合、歌詞が曲と同じぐらい強く主張してくる。
 これからのやり方しだいでは、現在の音楽界の構図を変え得るだけの力量はあると思うしその可能性もあると思う。彼女の次回作が楽しみである。

 

オペラ座の怪人 [Blu-ray]
名曲揃いのこの作品を職人監督ジョエル・シュマッカーが手堅くまとめてくれた。
冒頭、ほこりだらけのオペラ座が蘇るシーンはCG技術に感謝。
あまりの名曲揃いに、作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバーの才能には嫉妬すら覚えてしまう。
個人的には「ポイント・オブ・ノーリターン」が大好き。
舞台版のヒロイン、サラ・ブライトマンが北京五輪開会式で歌っていました。
NHKのBSハイビジョンのライブでもこの歌を歌っていましたが、これも画、音ともに良かった。

 

東大英単
この世には「東大マニア」というのが居て、彼ら(彼女ら)は、東大と自分との間に何の接点もないのに、東大関連の資料や品物を収集することを趣味としているらしい。本書が話題になったのも、単に勉強ができる人のノートを公開するだけのために「東大」を冠した本と同様、東大がキーワードであったことは疑いを容れない。しかし、これは決してそんなチャチな本ではない。学術英語を習得する必要に駆られた人たちにとって本書の出版は、真にepoch-makingな「事件」であったと言ってよい。

冒頭で「受験参考書ではありません」と断ってあるとおり、本書は受験用の単語集ではない。東大教養学部での英語教科書を原典としており、読者対象は、東大に合格できる程度の英語力をもった人、そして、将来、学術英語を操る必要がある人、である。それ以外の人はまったくお呼びではない。「オレ高校時代ちょっと英語は得意だったんだ」程度の英語力で興味本位に手にとっても、本書の意図は到底理解できないだろう。また、英会話力の訓練にもならない。本書は純粋に、論文を読み、書くためだけの本である。繰り返すが、それ以外の用途には使えないから、関係ない人は手に取るべきでなく、したり顔で難易度その他を云々するのは笑止である。

日常的に英語論文を扱い、「意味がわかる」ことと「使える」こととがまったく別物であることを知っている人なら、本書の単語が如何に精選されたものであるかを身にしみて理解するだろう。そして過不足のない解説の的確さ、例文の質の高さ。驚異の本と言ってよい。とりわけ若い世代の学者および学者候補生には必読の本である。そして、熟読すべき本である。

 

機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像 (14) (角川コミックス・エース 90-14)
最終巻。ナタリーの死によりシャアとハマーンが決裂
シャアは部下を引き連れ地球圏へと去り、クワトロ・バジーナを名乗って
エゥーゴに加盟する、という内容

見殺しにしたハマーンにしろ、子供共々救えなかったシャアにしろ
もう少し内面描写を描いてほしかったなぁ…決裂する動機としては悪くないのに
その辺りの描写が淡白なので、結果的にいまひとつ響いてこない
ただ、ナタリーの死自体は、8年間も連載を追っかけた者にとっては重くかつ寂しく感じるかも
公式ガイドブックで追加されたエピソードを読むと、なお感慨深いものがあります

地球圏到達後は、クワトロの軍籍を入手する経緯が描かれますが、やや端折り気味かな
どちらかというと「Zガンダム」本編に登場しないオリジナルキャラクターの一斉消化の旨が強いため
個人的にはアクシズを去る所で終えた方が、物語の締まりが良かったように思います

Zガンダムエースで掲載された短編「SAYONARA」「MY FIRST TRIUMPH」が収録されてるので
一冊自体のボリュームはそこそこあります

 

プロ野球スピリッツ 5 完全版(通常版)
野球部分は、投打のバランスが良く、よりリアルになってきてるように感じます。
CPUも結構四球を出してくれるし、こちらも出してしまう。
また、甘い球を投げれば、強打者じゃなくとも、簡単に長打を打たれたり、
そこらへんは緊張感あっていいですね。

ペナントやってて、2シーズン目、未だに毎日飽きずにやってます。
ただ、ペナントっていっても、スターダム(ひとりの選手としてプレー)や、監督モードは、あまりに作りこみや、
エンターテイメント的な要素が不足してて、何にも面白く感じませんでした。取って付けたくらいのレベルです。

次回作に望むこととしては、何より守備モーションの改善です。
自分が守ってて、例えば、ランナー一塁の状況で、
二塁手がゴロを捕球すると、自動的に二塁に投げようかという動作をしたり(ランナーに直接タッチでしょ!?)、
ランナー2塁、外野の前への安打に、ゆっくりと回りこむようにしてボールを捕球しようとしたり(ランナーいないんならわかるけど・・)、
送りバントの処理を一塁手がして、二塁に投げるときにヘナヘナの手抜いた送球したり(下手で投げたり)、
切羽詰まった場面でそんなことが起こり、アウトカウント取りそこなったりしたら、ほんとにイライラします。
理不尽なエフェクトはやめてもらいたいです。

 

Dream Theater Metropolis: Scenes from a Memory (Authentic Guitar-Tab)
さすがに本人が編集していることもあり、ほぼ完璧なスコア。たま~に「あれ?違う・・?」と思うところもあるが、そこはおそらく本人も採譜行程で気づかなかったと思われるような微妙なスライドやベンディングなどの「ニュアンス」的範疇であろう。またいくつかの曲では曲中の全コードのぺトルーシ的ヴォイシングをダイアグラムで掲載するという親切設計。日頃ペトルーシ独特のテンションコードにあけるヴォイシングに悩まされている人はかなり嬉しいハズ。ミュージシャン本人編集のスコアは多々あれど、ここまで複雑かつ正確なスコアは他にはまずないだろう。その点でこれは世界一「完璧」なスコアと言えるかもしれない。

 

コメディードラマ・ソングブック
1970年代、ユニオン映画社が手がけた、石立鉄男ドラマの主題歌、挿入歌がほとんど収録されている画期的かつパーフェクトなコンピレーション。特に2曲目の「気になる嫁さん」など、レコード未発売にもかかわらず、TVフィルムから音を、それもかなり高音質で拾ってくれており、嬉しい限りです。3曲目の「パパと呼ばないで」の主題歌「虹」は、ペイネをほうふつさせる、あのアニメーション(当アルバムのジャケットにも使用されている)のオープニングを聴く者に鮮明によみがえらせます。ブックレットも、ドラマデータが満載で素晴らしいの一言です。聴きおわった後には、ユニオン映画のすばらしい石立鉄男作品たちを、もう一度観たい欲求が押さえられません。

 

裁かるゝジャンヌ クリティカル・エディション [DVD]
1928年にオリジナルネガフィルムがドイツウーファ社の火災により焼失し、完全なフィルムは存在しないと言われてきた『裁かるゝジャンヌ』。ドライヤーがオリジナルに使用しなかったフィルムで再編集しました(第二版)が、その第二版ネガも焼失。おまけに製作元は倒産。その後は、世の中に出回っていたポジフィルムをかき集めてかろうじて作品の体をなしていました。しかし、なんと60年近くも経って、製作直後にデンマーク公開のために送られていた完全オリジナル版がまったくの偶然から発見されます。その奇跡のようなオリジナルフィルムをDVD化したのがこのパッケージ。映画評論家のドナルド・リチー氏が、もう見ることが出来なくなってしまったと嘆いていた、ジャンヌが放血術を施されるシーンもきちんと収録されています。画質も極めて良好で、まことに貴重なDVD。ハピネットから出ているもう一つのほうは、オリジナル版ではありません。

映画は、良く知られているジャンヌ・ダルクの異端審問と処刑を描くサイレントの至芸。リアルさを追求するために、余分な要素を全てそぎ落とした映像が見事。音楽もなくタイトルも最小限、審問室や火刑場の全景も写さず、登場人物同士の関係さえ情報として観客に与えません。その上で、徹底したクローズアップ。ノーメイクで皺の一本一本まで超リアルな役者の表情。これを見せられると、私たちは、まず間違いなくファルコネッティ演ずるジャンヌに激しく感情移入します。シンクロします。そして、そのシンクロ状態で向かえる後半の火刑シーン。世の中にはなんという映画を作る人がいるのでしょう。ご自身の目で、是非一度ご鑑賞ください。