読売ニュース

gooゲーム

ゴルファーズ検定

ZO‐3ギター (リッチー・ブラックモア風味)





ライブ・紫の閃光~リッチー・ブラックモア・ラスト・パフォーマンス・イン・ディープ・パープル~ [DVD]
第7期リッチー再脱退直前の93年11月9日のイギリス公演、同タイトルのCDもありますが、だぶる演奏も少なくこちらはTwist in the tale/Beethoven治療不可/Knocking at your back door/Battle rages on/Paint it black(ギランのボーカル有り)と5曲も追加収録。しょぼ

く感じたCDの音が画の魅力に助けられ、迫力ある演奏に見えギランの調子も聴衆のノリも良い。編集と撮影のレベルが高く、曲の間にリッチーを除く4人のコメント(リッチーへのいやみ有り)がほどよく収録され各メンバーのロックに対する真面目な姿勢には脱帽!見所はオープニングでのリッチーの登場シーン(ネタばれになるので書きません。)と治療不可でのカッコ良すぎるリッチーの演奏。それと仲の悪いリッチーとギランの微妙な距離の取り方です。。この演奏後、日本公演を控えた師匠はマネージャーの目の前で日本へのワーキングビザを破り捨て第7期は終了。(ジョーサトリアーニの代役で日本公演決行)ということで、このDVDは幻の第7期日本公演へ行!けなかった人には勧めです。


 

ライヴ・紫の閃光~リッチー・ブラックモア・ラスト・パフォーマンス・イン・ディープ・パープル [DVD]
 正規に発売されている映像の中では、さすがDVDだけあって文句なしの画質と音質、このメンバーを映像で見られるのは少ないだけにそれだけでもかなり貴重だと思うんだが…
 全体を見て最も感じるのは御大リッチーのやる気の無さ!だれがどう見てもそう感じるんだが、心からのリッチーファンなら当時の彼の状況からしても仕方がないし、いかにもリッチーらしいと唸ってまうのでは?さすがと思わせるプレイも見られるし(リッチーとジョンのからみは最高)イアン・ギランが今イチなので星4つだがリッチーが好きなら、いい意味でも悪い意味でも見るべき一品。カメラに水をかけるシーンは思わずニヤッとすることまちがいなし

 

ライブ・紫の閃光~リッチー・ブラックモア [VHS]
最後のブラックモアが見られる。そして、インタビューで様々な謎の答えがわかる。――そうだったのか、そういうことだったのか。――
最後の言葉がとてもカッコいい。僕も音楽を続けていこうと思う。

 

リッチー・ブラックモア奏法 [VHS]
名曲「Burn」を中心に、元HurryScuaryの中間英明氏がリッチー・ブラックモア奏法を解説しています。曲自体はスタジオ盤とライブ盤を折衷したようなバージョンで解説されている為、スタジオ版の完全コピーでは有りません。

この曲自体、スコアが沢山出回っており、わざわざビデオで解説する程難解な内容は無いので、新鮮さや新しい発見は有りませんでした。

中間英明氏のデモ演奏が見れる、という意味では貴重なビデオですが、奏法解説としては、余り意味が感じられない作品でした。


 

Made in Japan
 かつて3枚組のリマスターCDが出ていたが、私はそれがこのアルバムの完結版と思っていた。
 最近になって知った、既に10年前にリリースされた本作。
 日本版は未だにボーナストラックが追加されていないものを再発し続けているのだから、
私のような人間は他に沢山いると思う。
 それが1000円程度の値段で購入できるなんて。
 歌詞や対訳、ましてや本サイトのようなカスタマーレビューが存在するのだから、
くだらない解説がついた高価な日本版なんて、もう必要ない。
 
 ところで、既にハードロックというジャンルが抹殺されてしまった現在、若い人に
このアルバムを紹介することが難しくなってきている。
 私の経験だが、本当は先にスタジオ録音盤を紹介したかったのだが、若い子に本作を貸してしまった。
 感想を聞くと「ものすごい静かで大人しい感じ…」と言う。
 ちゃんとヘッドフォンでもいいから大音量で聞いたか?と尋ねたら、「否、人と話しをしながら……」と言う。

 「馬鹿野郎ー。ハードロックをBGMで聴くやつがあるか!!!」

 右と左のチャンネル違いについて解説があるが、都会住まいで近隣に迷惑が掛けられない私にとっては
ヘッドフォンを左右逆にすればいいだけの問題である。
 むしろ、どちらでもいいから二枚共統一してもらいたかった。
 
 因みに「チャイルド・イン・タイム」が頭切れというレビューがあるが、1曲目との間が短いだけで
曲自体ちゃんと入っている。適当なレビューは購入に戸惑いを与えるので誤解を招くレビューはやめてもらいたい。
 リマスター処理も3枚組以上の出来だ。

 

The Very Best of Deep Purple
レッドツェッペリンと並び立つハードロックの王者。それがDEEP PURPLEです。
どちらかといえばパープルの方が純粋なハードロックといえる。
後のメタルに繋がるような曲もあるけどやっぱり曲感がぜんぜん違うんだよね。
『Highway Star』『Burn』など名曲多数収録。まずはこのベストでパープルに触れてみよう!

 

ヴェリー・ベスト・オブ・ディープ・パープル
懐かしいディープ・パープルのベスト盤。
僕の高校時代の思い出の名曲が、このCDに詰め込まれています。
先日、市民吹奏楽団の定期演奏会を聴きに行ったのですが、プログラムにディープ・パープル・メドレーとありました。
楽しみにしていると、Highway Star〜Smoke On The Water〜Burnでした。
演奏に圧倒されただけでなく、懐かしさの余り、無精にディープ・パープルが聴きたくなり、このアルバムを購入しました。

本当に懐かしい音楽です。高校時代の青春が再び戻ってきた感じがします。
彼らの音楽は、時代を超えて生きているという感じがします。

 

冷酷組織の真実 ザ・インサイド・ストーリー・オブ ディープ・パープル&レインボー (BURRN BOOKS)
 私はリッチーの音楽が好きなのであって彼自身がどんな人間かということには興味がない。この本を楽しめるのは私同様そういった考え方の人だ。音楽のみならず人間としてのリッチーも尊敬している、という人は読まないほうがいい。ここに書かれているメインテーマは人間失格とも言えるリッチーの振る舞いだから。無論内容は著者の視点、記憶(あるいは思い込み)によって書かれているので全てが真実かどうかは知りようがないが、その内容は非常に信憑性に富んでいる。
 再結成DPからリッチーが脱退した後の記述は少々退屈。物事が平穏に進んでいるところにはドラマがないということか。

 

リッチー・ブラックモア 動画


人気動画


モリマン 【ギャルイケメン】【女子高生動画】女子高生のモリマンをバッチリ盗撮
好きなものは好きだからしょうがない Sukisyo - Listen To Your Heart (AudioSwapped)
ナポレオン 下町のナポレオンいいちこ07年CM
Praying Mantis Praying Mantis "Turn The Tide"
おじゃる丸 おじゃる丸プリン賛歌vocaloid初音ミク鏡音リンレン
Little Feat Little Feat - Skin It Back
ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし ゼルダの伝説 ふしぎのぼうしを極普通に実況 episode8
松下奈緒 松下奈緒 ○○の手篇0906メイキング☆flv
井上大輔 言葉がヘタだから / 井上大輔
夏川純 PSU夏川純

リッチー・ブラックモア 情報


Robin Williams
白鯨
メメント
Loading...