×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


XYX ep 6 pt 7
XYX ep 6 pt 7
Don Dokken Live In Japan 91 Breaking the Chains.wmv
Don Dokken Live In Japan 91 Breaking the Chains.wmv
邪魅の雫PV 【完全版】
邪魅の雫PV 【完全版】
厳島神社
厳島神社
Anthrax-Anti-social
Anthrax-Anti-social
Ocean 12 - Trailer (ENG)
Ocean 12 - Trailer (ENG)
Love Phantom
Love Phantom
せがれいじり ライブ 10-31-09
せがれいじり ライブ 10-31-09
[FC]がんばれゴエモン からくり道中 ノーダメージクリア(最速) 2/2
[FC]がんばれゴエモン からくり道中 ノーダメージクリア(最速) 2/2
宮大工吉田勝之_継ぎ手実演その3
宮大工吉田勝之_継ぎ手実演その3
20091224娛樂百分百-平安夜百分百娛樂王part3
20091224娛樂百分百-平安夜百分百娛樂王part3
早川義夫 / サルビアの花
早川義夫 / サルビアの花
大鶴義丹 & 財前直見 CM 2本 キリン / ラガービール
大鶴義丹 & 財前直見 CM 2本 キリン / ラガービール
ビンタ びんた25
ビンタ びんた25
Tales of Legendia OST - 203 - Advancing Towards 12 O'Clock
Tales of Legendia OST - 203 - Advancing Towards 12 O'Clock
TERMINATOR VS ROBOCOP.EP3.TRAILER 2 HQ.AMDSFILMS
TERMINATOR VS ROBOCOP.EP3.TRAILER 2 HQ.AMDSFILMS
美女 FZR1000 美人ライダー YAMAHA ラクス・クライン GUNDAM
美女 FZR1000 美人ライダー YAMAHA ラクス・クライン GUNDAM
The Beatles, in Hey Jude
The Beatles, in Hey Jude




Among the Living
目玉はdisc2のDVDでしょう。長らく廃盤だった「OIDIVNIKUFESIN」の初DVD化は大変うれしいのですが、如何せん画質が海賊盤なみです。
多分マスターが紛失しビデオからの板起こしでしょう。もちろんカメラワーク、録音などはプロの仕事ですので、全く見れないというほど酷くはないです。
DVD化しただけでも良しとしましょう。

 

言う者は知らず、知る者は言わず(早川義夫ライブ)
愛するものへのいとおしさと憎悪。慈悲と欲。もどかしくて言葉に表せない感情が、早川義夫独特の声とメロディーによって聞くものに映像をもたらす。それは、花であったり、月であったり、そして空であったりもする。時とともに封印した過去の切ない想いが溢れ出し、ただただ、呆然としてしまった。一番のお気に入りは「犬のように」。

 

ONE SHOT ONE kill-BAD TRACKS FOR BAMBi2-
このサントラのために結成された豪華な面々のギャバ・キングスは必聴!one shot one kill…まさにバンビを表している曲をぶちかます、ギャバ・キングスare甲本ヒロト、MAGUMI、キタハラセイジ、Ryoji、ウエノコウジ、今井敦司、ヨコテテツオ、Chucky、Mitchy!

ROCK'N'ROLL!!!!


 

プライド 運命の瞬間 [VHS]
無関心ながら、見てみるとどっぷりはまりました。戦争という視点だけでなく、働く自分(自分の意とする考えとは違う方向で物事が動くとき)に置き換えるとかなり深い。自分をとるか、周りが求める自分をとるか…プライドという言葉の重さを感じます。

 

ヴォーカル集 金色のコルダ2~Felice2~

このシリーズのヴォーカル集は全て購入しているのですが、今回はデュエットが多めで聴きごたえがありました。

特に「CORONA〜光冠〜」は月森と加地(谷山さん・宮野さん)のデュエなんですがこれが素晴らしい!!
こういうしっとりとした曲が個人的に好きなので。

デュエが多い分、今回はキャラ全員で歌ってくれてる曲が一曲も無かったのが少し残念。

 

〈COLEZO!〉沖縄島唄 バラード・コレクション
1~5曲目と11曲目が普久原恒勇作曲。7がその父普久原朝喜の有名な曲で、残りは沖縄民謡3曲、八重山民謡3曲。本当に普久原恒勇のメロディーって美しい。個人的には特に玉城一美の「御縁花」と伊波智恵子の「歌や歌」はそれぞれの可憐な声と相まってとても好きです。ウチナーポップから深い民謡の世界へと入ってゆく橋渡しになる一枚になるのでは?(少なくとも私にとっては)。

 

イヴァン・リンス・トリビュート
イヴァンリンスにアルバム丸ごとささげた、僕の大好きなジェイソンマイルスのアルバム。もの凄いアーティストが大勢入っていてお祭り状態になっているが、全曲通して聴いてみると実にセンス良く統一感のあるクールなアルバムになっていることが分る。2曲目のヴァネッサウイリアムスが歌う”Love Dance”が特に僕は好きですね。この曲のバックは、Dave KozとかRomero LubamboやCyro Baptist達になっているけど、ああなるほどミュージシャンの配役も上手いねジェイソンさん。すっきり音が溶け込んでいい感じに仕上がっているところが良い。それは他の曲にも言えているのですが、どれもそれぞれのアーティストの持ち味がうまく生かされていてとても音楽的。ジェイソン自身のライナーノーツによれば、マイルスデイビスがもともとこの全部イヴァンリンスに捧げるアルバムを作りたかったようですが、それを引き継いで彼が実現したみたいですね。あとはそうですね、StingとMichael Breckerの組み合わせは意外に良いですね。マッチしている。故グローバーワシントンJRの演奏が聴けるのもいい。(でもこれは能天気などうでもいい曲に聴こえましたが。。)そして、Brenda Russelはやっぱり凄い才能のあるシンガーだと改めて思いました。最後にイヴァンリンスご本人が登場するのですが、やっぱコブシが入って”俺様が本物のイヴァンリンスだ!”と言っているがごとくの強烈な存在感。凄いですね。CDが擦り減るほど(?)聴いてます。

 

Movie Masterpiece - 1/6 Scale Fully Poseable Figure : Robocop - ED209
実際に組み立てて見ると(簡易組立て仕様)、
その大きさの迫力にビックリ!! デカッ!

しかし、何となく軽い。
全身プラスチックの固まり??
「銃を捨てろっ!」ってギミックもなく、稼働範囲も狭い。
色も掲載されている写真よりも黒ずんでいる。

ディテールに関しても、
ワンコインのED209のほうが正確。

大きさという迫力に数万払った割には、
お買い得感は少し薄いような気がする。
しかも大きすぎて、飾るところがない・・・。

 

デビルジャンク [VHS]
ちなみに「Oricon」データベースの「ガバリン」の第三作というのは大きな間違いです。

「ジャンク」とは、ガラクタとの意味もありますが、人間をぐしゃぐしゃにする・・・といった残虐な意味合いもあります。
確かにこの映画の前半の残虐シーンはすごい。

冷徹な殺し屋役や、ホラー映画などには多数出演しているランス・ヘンリクセンが、優秀な刑事役で登場。
彼は悪役が似合うシャープな顔つきですが、笑うと以外にチャーミングで、本作では良き父親役を演じています。

主人公の刑事ルーカス・マッカーシー(ランス・ヘンリクセン)は、110人以上も惨殺した大量虐殺魔マックス・ジェンキを捕まえ、電気椅子に送り込みますが、毎晩悪夢にうなされ、セラピー通いです。
彼を逮捕したときの回想シーンがすごい。
ジェンキは先に逮捕に向かった警官2人を惨殺、応援に来たルーカスと相棒が警官の死体を見つけますが、この描写がエグイ。
シンクの油に煮込まれた手、皿に盛った生首・・・ジェンキはどこからか狙っている・・・・。
ココのシーンの緊迫感は実に見事!
スプラッタ映画の面目躍如です。

ルーカスはそのときの恐怖が忘れられず、ジェンキの処刑に立ち会うことで、悪夢から逃れようとしますが、ジェンキは5分以上も電撃を喰らい、血まみれになりながら立ち上がり「帰ってくるぜ・・・てめえの家族を引き裂いてやる・・・」といって息絶えます。

実はジェンキは電気に耐性を持つ訓練を行い、高圧電流により肉体を無くしても悪霊として生き延びていた・・というところがなかなかのアイデア。
ジェンキにとり憑かれた刑事は、日本の怪談時代劇で亡霊にとり憑かれた侍のごとく・・・・幻覚を見始めます。
どこにでも現れ、ルーカスを苦しめるジェンキ。
ルーカスは彼を追い払おうとするのですが、はたから見るとついにノイローゼが高じて狂ったように見える。
さらに、悪霊のジェンキが殺した娘のボーイフレンドの殺害容疑までかけられ、大苦闘です。

この辺のストーリー展開と、映画としての出来は実に素晴らしい・・・・のですが、後半30分のクライマックスがどうにもパワーダウン。
そこさえ良く出来ていたらたぶん大変な傑作となっているはずなのですが、実に惜しい作品です。
そのため、星は3です。


 

SKY HIGH!~Mizell Bros. Works~Mixed by MURO
何年第一線を張り続けるつもりなんだと突っ込みを入れたくなるMuroのミックスCD。

Muroのトラックで主張していたレアグルーヴの源泉として、このミックスCDは興味深いです。
ヒップホップのトラック製作者や、DJはまず買っておくべき一枚でしょう。

また、ただのレアグルーヴ好き・ソウルミュージック好きの人にも、これは買いの一枚です。
そういった人たちには、Tribe Called QuestやJay Deeのプロダクションは少し余分なものに聞こえるかもしれませんが、Madlibは割と受け入れてもらえるんじゃないかとも思います。

DJとしてのMuroのすごさがよくわかる一枚であるとともに、ソウルミックスのCDとしても非常に良い。
興味を持たれた方には自信を持って購入をお勧めします。